医療事務資格

医療事務資格の仕事内容について

医療事務と一口に言っても、様々な資格があります。どこかの専門学校へ通ったり通信教育を受けたり、中にはコツコツと独学で資格取得を目指す方もいます。

国家資格ではなく民間資格というくくりのため、極端な話をすると、資格がなくても就職できることも多いのです。

医療事務の仕事内容は就職先によってさまざまですが、病院やクリニックなどの医療機関のほかにも調剤薬局でも働けます。主に、受付業務や会計、診療報酬請求に関わる仕事や雑用もすべてこなしていきます。

国家資格を保有する医師や看護師、薬剤師など専門性を持った方々と働くわけですから、知識の幅は広がり、勉強になることも多いのです。

厚生労働省により2年に1度の診療報酬改定や薬価改定が行われたら、そのルールに従って診療報酬請求をします。保険制度も変わった場合は、負担割合に応じて患者さんへ請求しなければなりません。

医療事務はただ机に向かって仕事をするのではなく、コミュニケーション能力に加えて、冷静に状況判断ができたり、地道な事務作業をやり遂げられる人が向いています。時間が来たから帰ります、という働き方ではなく、常に新しいことを吸収していく姿勢が大切です。

女性が活躍できる仕事の中でも「ありがとう」と言ってもらえる、感情労働の分野に入る仕事だと思います。

やりがいはありますので、人の役に立ちたい方に医療事務資格を取得することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

医療事務の仕事のメリットデメリット

まず始めに、医療事務の資格を取ることについて、いい面を解説します。

資格がなくてもできる仕事ではありますが、資格があると良いのは言うまでもありません。それと、病院は沢山あるので、資格さえあれば働き口が多くあり、様々な働き方で就労できるのも事実でしょう。

ところで、医療事務と言うと、どんなイメージを持たれるでしょうか。

楽そうとか、大変そうには見えないとか、そんな声が多いかと思いますが、実際はそうではありません。

病院に行ったときのいわゆる「受付の人」が医療事務の仕事のイメージだと思いますが、患者さんから見えている以上に、恐らくその想像の何倍も過酷な仕事だと思います。

資格を取って、いざ就職してもそこからが大変です。

勉強した内容が仕事で活きるのは当たり前ですし、すべての基礎になってくれる知識ですが、実は、医療事務の現場の仕事は、資格取得の時に勉強した以上に覚えることが山のようにあり、最初の段階で心が折れてやめた人を何人も知っています。

また、個人的に厄介だと思っているのが職場の人間関係です。

大抵の職場は女社会です。うまく現場に馴染めればその問題は解決しますが、女社会独特の「どろどろ」感があったり、些細なことで険悪なムードになってしまったり、なにかと居づらい環境に居なくてはいけないことも多々あり、精神的にやられてしまう人もいると思います。

人や就職先にによるとは思いますが、馴染めてしまえばあとはいい職場だと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0