介護の資格取得をめざして頑張った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決して若くない年齢で介護の資格試験に臨むことになりました。試験勉強なんて数十年ぶりになります。

学生時代と違い、試験勉強の時間はなかなか確保することがでしませんでした。仕事と家事と勉強と三足のわらじを履いて資格を目指さなければなりませんでした。

家でも勉強だけでは絶対に無理だろうと思っていたので、あえて受験講座を受講しました。そうすることで、週に一度合計6回の授業で、少なからずとも週に一度6時間程度一気に勉強時間を確保することができます。

そして、その他の日は一日に1時間は確保すること、そういったことでなんとか試験勉強の時間を確保しました。

試験前は少々家事に手を抜かせてもらってラストスパートをかけました。

その後、1次試験、2次試験となんとな合格ができ、はれて資格取得できました。

ちょうどそれから2カ月ほどして、家庭の事情でパート社員から正職員になるべく転職を考え始め転職サイト等を検索すると、さっそくこの資格が有効であることが実感できました。

しかし歳も歳なので、正職員はなかなか難しいだろうと思っていましたが、なんと一回目の就職面接ではれて採用されました。

その時実感したことは、やはり資格は強みだなと感じたことでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。